岩屋山(長崎)周回巡り  2011年11月27日



長崎のそよかぜさんより岩屋山を歩きませんかという呼びかけがありました。
岩屋山はそよかぜさんのHPに岩屋山編があって、地元に愛されている山ということの他に特に鶴の北帰行の
中継点としての山という印象が強く、一度は是非訪れてみたい山でしたので参加させていただく事にしました。

長崎、大分、佐賀、福岡からなんと17名の参加ですが福岡市内からは凧さん、いーさん、私の3名です。
凧さんの運転で長崎自動車道をひた走り8時過ぎに集合場所虹ヶ丘小学校横の岩屋神社駐車場へ着きました。
お馴染みの顔、久し振りの顔、初めてお逢いする顔の皆さんがもう既に到着されていました。

登山準備をしていたら岩屋神社の方からそよかぜさんがひょいと現れました。
ん?ん・・?? その辺りで準備を整えて出て来たというよりも一歩きしてきたという雰囲気プンプンです。
でも・・・???

早速、そよかぜさんから今日予定コースの地図を頂き説明を受け、自己紹介して出発。

今日の参加者
長崎組 そよかぜさん 山馬鹿さん Yさん ミッセルさん 山の星さん bambooさん
大分組 よっちゃん
佐賀組 +3Kさん タクさん 平六さん
福岡組 凧さん いーさん hirokoパパさん hirokoさん 豊津の俊ちゃん 豊津の信ちゃん S・TAROU



      



8時半岩屋神社駐車場をスタート

   11sizen1127A.jpg



全く初めて山で記述が間違っているかもしれませんが、先ずは六部本尊を拝顔し岩屋神社の中を通ります。

   11sizen1127B1.jpg



      11sizen1127B2.jpg



   11sizen1127B3.jpg



岩屋山というイメージ通りの所でした。
ご本尊と先方には鬼の足跡がありました。

   11sizen1127C1.jpg



ご本尊と鬼の足跡

   11sizen1127C3.jpg 11sizen1127C2.jpg


岩屋神社を見物した後はいよいよ岩屋山の九州自然歩道を歩きます。
歩き始めて間もなく岩屋山山頂への登山道がありました。
ここを登ると直ぐに山頂らしいですが、往復2時間でお釣りがくるルートだそうで今日は岩山山周回コースで行動
予定は6時間以上です。
眼もくれずに登山道直進。山頂から益々遠去かります。
平坦な歩きが続いてとても歩きやすいルートです。

   11sizen1127D1.jpg


スタートして1時間わらび広場に着きました。
以前はここでわらびが沢山採れたんでしょうね。
今は草ぼうぼうの原っぱといった感じ。

   11sizen1127D2.jpg



わらび広場から15分ほどで下りの急坂を下ります。
ずっと平坦に近い歩きだったのでこの下りには面食らいました。
下るということは又登るというこってす。

   11sizen1127E1.jpg



だけどオマケもちゃんとありました。
伊王島周辺の海かな~?

   11sizen1127E2.jpg



広々とした歩きやすい登山道でした。

   11sizen1127E3.jpg


舞岳鞍部へ到着。小休止。
直進すると舞岳でその先お城があるということでした。

   11sizen1127F1.jpg 11sizen1127F2.jpg



舞岳鞍部から北へ進路を取って進みます。

   11sizen1127G1.jpg



式見川です。
式見ダムへ流れ込んでいるそうでこんなところで川に出くわすとは思っていませんでした。
流れが非常に穏やかで、そう言えば沢の音は全然しなかった様な気がしますが・・・。
式見川を跨げば岩屋インカ石積です。

   11sizen1127G2.jpg



岩屋インカ石積です。
棚田のように小さな区切りで平たい石が積まれていて正直こんなところに・・・・ッとびっくりしました。
後方を歩いていたので何のための石積なのか聞き洩らしてしまいました。
畑作の為でしょうかね、ずっと斜面の上まで棚田の様なつくりでした。
皆さん、下から眺めて驚きと驚嘆の声。
素晴らしかった。

   11sizen1127H1.jpg




このインカ石積の中を通って展望岩を目指します。

   11sizen1127H2.jpg 11sizen1127H3.jpg



展望岩。
此処から岩屋山が姿を現します。
凧上げには絶好の場所かと思いましたが、今日は穏やかな天気、風がまったくありません。
凧さん風を呼んでいるようですが・・・・・。

   11sizen1127I1.jpg 11sizen1127I2.jpg



展望岩から美智子岩を目指しますが、ここからアップダウンの連続。
何回アップダウンしたことか・・・数え切れないほど・・・しました。
しかし面白かった。
アップダウンを繰り返すうちに何となく英彦山や鷹ノ巣山周辺の登山道の雰囲気に似てるなと思っていたら、英彦山も
岩屋山も元は火山で同じような経緯で現在の山となったという事でした。

   11sizen1127J.jpg



美智子岩到着
名称からみて何かいわれでもあるのかな~?と期待していたら登山者の名前でした(笑)
ここから舞岳の山頂が覗いていました。しかし、ここまでよく歩いてきたもんだ。

   11sizen1127K1.jpg



ここで昼食・休憩です。
そよかぜさんからツミレ汁の差し入れです。美味しかった。
スプーンだけは自前です(笑)
しかし、そよかぜさんのザックの中に17人分のツミレ汁を忍ばせてあるとは気付きませんでした。

平六さんから小城羊羹を頂きました。
よく見ると平六さんの似顔絵入りのラベル。
平六さんそっくりなんですが画像を良く見ると頭の少し上にハエが一匹とまっています(笑)
このハエはしつこかった(怒)

   11sizen1127K2.jpg 11sizen1127K3.jpg



ランチタイムの後は「岩屋山の歌」と「多良岳賛歌」を皆んなで合唱。
「岩屋山の歌」は動画で撮っていますので動画で歌声を皆さんへ紹介します。

   11sizen1127K4.jpg


満腹となったところで岩屋山山頂を目指します。
先導はそよかぜさんから山馬鹿さんへ変わりました。
ここからのアップダウンも相変わらずで首が多少痛くなりました。
しかし、満腹後のアップダウンは一番堪えました。

     11sizen1127L2.jpg



皆さんの後ろ姿、なんとなく体が重そうな感じです。

      11sizen1127L1.jpg



木の根っこで何とか登山道は維持されていますが下から見るとまるで空洞みたいで何時ドスンと下へ落ちて
も不思議ではないような箇所も通りました。

   11sizen1127L3.jpg



着きましたよ~。
何となく元気を取り戻したような後ろ姿(笑)
光が洩れている先が山頂です。

      11sizen1127L4.jpg



歩き始めて約5時間、やっと岩屋山山頂です。
今までイメージしてきた山頂そのものでしたね。

   11sizen1127M1.jpg



   11sizen1127M2.jpg 11sizen1127M3.jpg



参加者全員17名、間違いなく揃っています。

   11sizen1127M4.jpg



山頂からの景色も素晴らしいです。
坂が多い長崎ならではの風景でしょうか。
先方には昨年、一昨年とそよかぜさんの呼びかけで歩いた長崎七高山がありました。
時には民家の間を歩いたり最後はフラフラになりながら歩き通したあの山、この山も目の前。
あの時は向こうの山から「あれが岩屋山ですよ」と教えて貰ったのが今此処に居る山頂。

鶴が北へ帰る時はここで気流を捉えて帰るんですよと説明を聞いた時に一羽のトンビが右手から気流に乗って
悠然と姿を現した。
な~るほどあんな風に飛び立つんだ・・・・。

   11sizen1127M5.jpg



岩屋神社へ帰ってきました。山頂から45分。

   11sizen1127N.jpg



おまけにこんな野草まで見ることが出来ました。
キチジョウソウだそうです。
有難うございました。

   11sizen1127O.jpg



全山行時間(含む昼食・休憩25分)6時間5分、歩いた距離は丁度10Km
想像以上の変化に富んだコースを歩きほんとに楽しい一日でした。
そよかぜさん、下見に3度も歩かれたとのことで大変お世話になりました。
後半、先導頂いた山馬鹿さん有難うございました。
多分、山馬鹿さんも3度の下見のお付き合いもされたと思います。

凧さん、長距離運転有難うございました。

皆さんとは次の再会を誓って夫々帰路へ。
見送るそよかぜさん、着替えないまま朝姿を現したままの姿です。
よくお聞きするとこれから神社の方へ引き返して一山越えて家路につくそうです。
あ~それで朝ひょっこり神社から姿を現したのはそういうことだったのか~!!!
ッで、どのくらい歩いたかというとそよかぜさんのブログに自宅からのGPSの軌跡がアップされています。
ざっとの目測でも往路のわらび広場を過ぎて縦走路出会いから数キロ先までの距離を歩いた事に・・・なる。
凄いの一言です!!


11sizen1127Map.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード