英彦山 (オオヤマレンゲ、ヒコサンヒメシャラ) 2011年6月25日



例年6月といえばミヤマキリシマとオオヤマレンゲが私の花鑑賞登山のメイン山行です。
しかし今年は天候と自分の気持ちがピッタリせず、やっと6月では2回目の山行となりました。
今年のミヤマキリシマは諦めたとして、せめて英彦山のオオヤマレンゲだけは見ておきたいと望みを繋いでいました。
週途中での豊津の信ちゃんのレポで英彦山のオオヤマレンゲが開いているブログを拝見して、益々意を強くしました。
問題は空模様でしたが、25日はずっと小雨の予報でした。
しかし、昨日の予報になって晴れ間も覗く予報に変わりました。
もし小雨程度でしたら傘持参ででも行こうと覚悟したのが良かったのか、念力が通じたみたいです。

朝、風来坊さんにピックアップして頂いて早朝の朝倉街道から江川ダム横を通り豊前坊へ向かいます。
江川ダムと云えばこのダムが満水になったのを見た記憶は殆んどありませんでしたが、今朝の江川ダムには並々の水がたっぷり湖面を満たしていました。

朝8時過ぎに豊前坊到着。
途中での別所駐車場には2台の車が駐車、少し寂しさを感じました。
豊前坊には上の駐車場で5・6台、下の駐車場にも同じ位の車が駐車中でした。
上から下の駐車場を見下ろすと2人の登山者が会話中。よーくみるとコヨーテさんでした。

        11sizen0625A.jpg



出発はコヨーテさんと3人で歩きです。
今日は蒸し暑さを予想して水は何時もより多め。それにポットに氷を詰め込んで更に途中のコンビニで買ったおにぎり保存のために大きめの保冷剤を入れたバックもザックに入れて来ているので、かなりずしりと肩に重さがのしかかります。
プラス山歩き不足のため足取りが重~い。
少しずつ汗がたらたらと流れ始めます。こんな感じで山頂まで登れるやろうか?

登る早々、登山道にこんな大きな倒木が・・・・。
信ちゃんのレポによると数日前の落雷によるものらしいです。

        11sizen0625B.jpg



今日は望雲台へ寄ってみることにしました。
コヨーテさんは直接上を目指すということでここでお別れです。

望雲台は風が良い按配に吹いてとても気持ち良かった。
暫く絶壁のクサリにしがみ付いてでも景色を堪能しながら涼に浸りたかったけど、そうもいかず登山道へ戻りました。           
     11sizen0625C.jpg



相変わらずシオジ林の登山道は緑が素晴らしい。
しかし、汗はダラダラと流れます。蒸し暑い。
何時もズボンの後ポケットに入れているタオル式ハンカチは既に汗でグショグショ。

  11sizen0625D.jpg



今日最初のオオヤマレンゲを目指す箇所、「溶岩の壁」のオオヤマレンゲです。
見物者に荒らされないように木の枠で防護されていました。昨年まではありませんでした。
数個開いていましたが上の方が多く、ちょっと撮り難くかった。
でも今年初めての御対面で満足、満足!!

        11sizen0625E.jpg



    11sizen0625F.jpg



    11sizen0625G.jpg



最初の箇所から尚も岩ゴロゴロの登りをフーフー、汗ダラダラ流しながら一歩一歩高度を上げます。
木の階段を上がって北岳の肩に着いた時はもうへロヘロ状態。
しかし、ここで涼しい風は尾根道を吹き抜けます。
ちょっと元気を貰ってまた前進。

        11sizen0625H.jpg



そして、その先のクサリ箇所、ロープ箇所の岩場に着きます。
ここが二番目のオオヤマレンゲが見れる箇所。
但し足場が悪いし頭上の比較的高い位置にあるので、ここの撮影も難しい。
生憎開いたのは盛りが過ぎて茶色っぽくなっていて、新しいのは未だ蕾が多い。
結局、撮れたのはこんな蕾のものでした。

    11sizen0625I.jpg



    11sizen0625J.jpg


風来坊さんを探せ(笑)
ここは足場が悪い。

        11sizen0625K.jpg



日が射してきました。
鷹ノ巣山方面。

    11sizen0625L.jpg



美しいブナ林。
中に入って歩けないのが玉にキズ。

     11sizen0625M.jpg



後程しらべます。

    11sizen0625N.jpg



ベニドウダン

    11sizen0625O.jpg



北岳を過ぎて中岳へ向かう途中の岩場のオオヤマレンゲ。
ここのは割と格好良いのが開いていますが今回はこの一輪と蕾一輪のみでした。

    11sizen0625P.jpg



中岳は休憩する登山者数人。静かそのものでした。
休憩小屋で食事。
風が通らないテーブルでの休みでしたが、ここは涼しかった。

風来坊さんの食事は手作りのソーメン。
横ですする音が食欲をそそります。
自分のは冷蔵庫から取り出してきたクルミパン一個とコンビニで買ったオニギリ。何となく味気ない。
自分もかっては男の料理教室へ一年間通った身だ。
よ~し今度は自分で作ってみよう。
びっくり水も知っているぞ~・・・・びっくり水はしなくて良いそうだ(がっくり)


    11sizen0625Q.jpg



さて、次は最後の箇所、産霊神社横のオオヤマレンゲを求めて正面道を下ります。
ここで、オニギリの為の保冷剤が用を終わったので、これをタオルに包んで首に巻き付けます。
これがまた涼しい。暑さ対策の一環です。

産霊神社横のオオヤマレンゲは昨年紅葉時にここを歩いた時に、草刈り作業でかオオヤマレンゲの樹も殆んど刈り取られたような状態に見えたので非常に残念に思っていました。
今年は咲いているのだろうか?
しかし豊津の信ちゃんのレポにはちゃんと産霊神社横のオオヤマレンゲとしてアップされています。

気懸りなことでしたが石段を下りている途中で視界に入るこの樹の緑の葉から白いものが開いているのを遠目に見えた時は飛び上がるほど嬉しかったですね。
そりゃ~もう。

結局、周囲の樹は切り払われて内側の2・3本の樹(枝)でいっぱい咲かせていました。
凄い生命力を感じます。この2・3本だけで昨年の数くらい開いていました。

       11sizen0625R.jpg



    11sizen0625S.jpg



    11sizen0625T.jpg



    11sizen0625U.jpg


さて、ここから少し正面道を下ってバードラインを歩いて豊前坊へ戻ります。
そこへ下から若者の集団が登ってきます。
れっきとした山ガール集団です。引率らしき男性が混じっていましたが・・・・。

感心無さそうな振りしてすれ違いましたが体が自然と振り返らせます(笑)
振返ったら風来坊さんも振り返っていました(笑)
後ろ向きの男性がちょっと邪魔なんですが・・・・。

       11sizen0625V.jpg



そしてバードラインへ。
途中でこんなブルドーザーと出逢いました。
登山道の整備かと思っていたら、バードラインへの分岐の所に小さな小屋がありますが、その小屋の建替え?のための資材運び用道路整備だとか。

       11sizen0625W.jpg



ブルドーザーを過ぎた後の登山道はこんな登山道でした。
歩いた時は道は乾いて泥んこではありませんでしたが歩いて下りるにかなり歩き難かったです。
帰りの自動車道でもの凄い雨足に見舞われましたが、多分この道は泥んこ道になっているでしょう。
バードラインを歩く予定の登山者は雨が続く時はご注意を。
暫く、この道は凄い泥んこ道が続くと思います。

       11sizen0625X.jpg



念願の今年のオオヤマレンゲやっと見ることができました。
風来坊さん、有難うございました。
次は手作りソーメンでご一緒したいです。


  11sizen0625Map.jpg





スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード