井原山(アドベンチャーコース&花散策) 2011年4月28日




あっぷるさんから宮崎のputalyさんが井原山へ登りたいということで一緒に登らないかと携帯が入りました。
野草のピークを迎え始めた井原山、24日に登ることになっていましたが天気が思わしくないという予報で中止になっていましたので、後日必ず行くつもりにしていました。
ここは断る理由は全くありません。即答で参加の返事。
折角行くのなら平日に行ける仲間に声かけて結局8名で歩くことになりました。
歩くコースは洗い谷を登って井原山へ、井原山から新村分岐へ、分岐から水無道へ下りるコースです。
前半はスリルある冒険コース、後半は花三昧コースで贅沢な歩きです。

参加者:あっぷるさん、いーさん、Hiroさん、Hirokoさん、Hiorokoパパさん、ぼん天棒さん、putalyさん、S・TAROUの8人です。

Hirokoパパさんの動画

キトク橋に集合し車4台で水無駐車場へ。2台デポして2台で洗い谷登山口近くの駐車スペースへ。
洗い谷コースは谷あいの歩きで沢あり、滝あり、ロープありのなかなかの難コースです。
特に降水時にはたちまちにして増水する危険をはらんでいます。

最近は雨が降らず、福岡地方でも水不足が心配され始めました。
昨日は雨の予報でしたが降水量は1~3ミリ程度のものでした。
従って、コースには問題ありません。

朝9時、洗い谷登山口をスタート。
洗い谷にも山野草はいっぱい咲きますがダルメキ谷や水無道ルートよりは若干遅めに咲くようです。
歩き始めて早速イチリンソウやヒトリシズカ発見。
まだ眼が覚めるには朝早いのかニリンソウは全て蕾を半開きしたような状態で、俯き加減でした。
歩く先々ニリンソウが出迎えてくれました。
早速、道草隊が始まります。

   11sizen0428A1.jpg


暫く杉林の登山道をすすみますが、やがて周囲が開けて小滝が始まります。
ニリンソウ、ネコノメソウ、ジロボウエンゴサク等の山野草が沢山咲いてます。

   11sizen0428A2.jpg 11sizen0428A3.jpg


水量が少ないので渡渉も楽です。
18日前に同じコースを歩いて2回ドボンしたあっぷるさんの歩きも軽快です(笑)

   11sizen0428B1.jpg


高度を増すにつれて小滝の流れも速さを増します。

   11sizen0428B2.jpg


渡渉箇所でも花を探す皆さん。
ひどく増水した時は乗っている岩は流れの中に沈んでしまいます。
この岩は濡れた時など、凄く滑りやすい岩です。
岩が流れに沈んでいる時に、この岩で滑って下半身ずぶ濡れになった登山者もいます。ご注意を!
今日は乾いていますね。

   11sizen0428C1.jpg



        11sizen0428C2.jpg


高度を上げるにしたがって登山道が不鮮明になってきます。
赤テープや道標は勿論ありません。
昨年辺りからケルンが置かれていますので、大分助かるようになりました。

東斜面にはニリンソウが斜面いっぱいに咲いていましたが、沢を挟んでの斜面なのでデジカメにはなかなか撮れません。花が開くにはもう少し遅い時間帯がいいかもしれません。
確か昨年だったか、丁度開いている時に通り合わせたので息を飲むような素晴らしさでした。

   11sizen0428D1.jpg



        11sizen0428D2.jpg


putlyさん、滑らないように・・・・。
ぼん天棒さんの長靴はこのコースでは珍しいです。
後で使い具合をお尋ねしてみるととても快適な履き心地だったようです。
一度試してみるか。

   11sizen0428E1.jpg


今日の最初で最難関のロープ箇所です。
更に上へ数メートル登り上がらなければいけません。

雨が降っていないので地面は乾いていますが、ここは何時も湿った感じの斜面で足場が悪い場合が多いです。
四足を使いますので大概は手袋は泥だらけになります。
従って、初めての人と登る時は何時も捨てても構わない手袋と替えを用意してくださいとお知らせします。

   11sizen0428E2.jpg



   11sizen0428E3.jpg


滝が段々大きくなり傾斜も急になってきます。

   11sizen0428F1.jpg



   11sizen0428F2.jpg


雪の重みに耐えかねて倒木となって登山道を塞いでいます。
枝を切ったりして登山者が通れるようになっていますが、それでもここを通り抜けるには一苦労しました。

   11sizen0428F3.jpg


三番目のロープ箇所です。
ロープは左の滝の右側にありますが、暗い時はよーく眼を凝らしてロープを捜してください。
これで滝は終了します。

   11sizen0428G1.jpg 11sizen0428G2.jpg


ツクシショウジョウバカマは少し終わりがけでした。

   11sizen0428G3.jpg 11sizen0428G4.jpg



滝が終わったら後は縦走路への道ですが途中は小さな沢を歩いて登るような感じです。
縦走路へ登り上がるまで傾斜が急で今までの疲れもたまってかなり息切れがします。
最後はとてもきつい。

   11sizen0428H.jpg


             井原山頂
             11sizen0428I.jpg



洗い谷の冒険コースを終わると後半は水無道の花散策コースです。
新村分岐から下りました。

ニリンソウが盛りでした。
道草隊、ずっとこのまんまの姿勢で撮り続けていました。
ここは3日前に訪れたHiroさんが登山者から聞いた情報でここを今日歩くコースに決めていました。
いや~ほんとに素晴らしかったです。ほんとに・・・言葉が出ません。

   11sizen0428J1.jpg



   11sizen0428J2.jpg



   11sizen0428J3.jpg


これはもうプロのカメラマンも顔負けの姿勢で・・・。

   11sizen0428K1.jpg 11sizen0428K2.jpg



   11sizen0428L.jpg



   11sizen0428M.jpg



   11sizen0428N.jpg


待望のイチリンソウが咲いていました。

   11sizen0428O.jpg


   イチリンソウ

   11sizen0428P.jpg


   センボンヤリ                      ヒトリシズカ
                      
   11sizen0428Q1.jpg 11sizen0428Q2.jpg


   スミレ?                        イワボタン

   11sizen0428Q3.jpg 11sizen0428Q4.jpg


   シロバナネコノメ                    ネコノメソウ

   11sizen0428Q5.jpg 11sizen0428Q6.jpg


   ヤマエンゴサク                     ヤマルリソウ

   11sizen0428Q7.jpg 11sizen0428Q8.jpg



    11sizen0428Map.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード