FC2ブログ

脊振山系のマンサク(脊振山~鬼ヶ鼻岩~猟師岩 )2011年3月19日





先週、鬼ヶ鼻岩、猟師岩周辺を歩いた風来坊さんのレポでマンサクが最も見頃な時期を迎えているとレポがアップされました。
実はいろいろ都合で延びていた仰烏帽子岳の福寿草の予定もありましたが、ピークが過ぎたという事と突然の東北・関東大震災により気分的にも自粛ムードが漂い近場の鬼ヶ鼻岩、猟師岩周辺のマンサク鑑賞に決まりました。

前日、夕方いーさんから携帯が入り宮崎のputalyさんと参加の連絡が入りました。
曲淵の鳥飼豆腐店に朝8時30分待ち合わせ、既にいーさんとputalyさんは到着、三瀬峠越の佐賀組を待ちます。
全員揃ったところで椎原の船越橋へ移動。

参加者 いーさん、putalyさん、風来坊さん、のどかさん、かずさん、S・TAROU

今日のコースは車谷コースを登って矢筈峠~唐人の舞~鬼ヶ鼻岩~猟師岩周辺のマンサク鑑賞予定でしたが、宮崎のputalyさんといーさんが脊振未踏ということでしたので、折角の機会でもありますので、矢筈峠から脊振山頂まで足を延ばすことになりました。

朝9時10分、車谷コースを出発。
今日の福岡地方は最低気温8度、最高気温15度の予報。天気は若干曇り空が拡がるという予報でしたが、まずまずの歩きに適した天気です。但し、風注意報が北部沿岸沿いに出ていたので山頂に立った時に少し風があるかなと心配しましたが、結果的には山頂でもゆっくり寛げるほどの穏やかな風でした。

久しぶりに車谷コースを歩きました。
雪の害でかなり倒木があって沢沿いですから少しコースも荒れているのでは・・・と思っていましたが、途中で若干倒木が見受けられただけで何時もの自然豊かな車谷コースと変わりがありませんでした。
   11sizen0319A1.jpg

車谷は山野草の宝庫です。花の季節にはいろんな野草で賑わいます。
今日は未だ早い時期ですが、もう直ぐこんな光景があちこちで見られることでしょう。
   11sizen0319A2.jpg

ホソバナコバイモです。
今季初めての御対面。
   11sizen0319B1.jpg 11sizen0319B2.jpg

所々で倒木とも出逢いますが何時もの自然豊かな登山道を登ります。
   11sizen0319C1.jpg

この辺りからオオキツネノカミソリの群生地が始まりあす。
   11sizen0319C2.jpg

上を見上げたらマンサクの御出迎えです。
本日最初の出逢い。
   11sizen0319D1.jpg

チリチリ麺・・・・?!
   11sizen0319D2.jpg 11sizen0319D3.jpg

未だ雪が残っていました。
風来坊さんによれば先週はこの辺り一面は残雪で埋まってたそうです。
皆さん、マンサク鑑賞中。
   11sizen0319E1.jpg

この急登を登り切れば矢筈峠です。
矢筈峠から脊振山頂を目指します。
   11sizen0319E2.jpg


山頂下の広場辺りでフキノトウが顔を出しています。
       11sizen0319F1.jpg


これは少し開き過ぎだとか・・・??
          11sizen0319F2.jpg


急遽、フキノトウ収穫隊に変身。
       11sizen0319F3.jpg

脊振山頂到着
   11sizen0319G2.jpg


          11sizen0319G3-1.jpg


脊振山頂から矢筈峠へ戻り、その先の左手よりミツバツツジの縦走路に入ります。
雪が続かなかったら今時の縦走路はクマササが生い茂る縦走路ですが、雪に長期間押しつけられたのでしょう、クマササは踏みつけられたような状態の光景が続きます。
ミツバツツジも雪の重みで折れたのか、鋸で枝を切られたのが多々見受けられました。
5月のミツバツツジのトンネルを期待したいところですが、今年はどうなんでしょうか、ちょっと心配です。
   11sizen0319H1.jpg


唐人の舞
       11sizen0319H2.jpg


椎原峠到着
脊振からここまでかなりの距離を歩いてきました。
皆んなさっそうと歩いて来る姿を撮ったつもりでしたが、画像を開いてみると・・・・こんなでした(笑)
   11sizen0319H3.jpg


椎原峠から鬼ヶ鼻岩を目指します。
鬼ヶ鼻岩から歩いて来た脊振山方面の往路を振り返ります。
   11sizen0319H4.jpg

鬼ヶ鼻岩からロープ箇所を登って猟師岩への尾根道に出るとマンサクのオンパレードでした。
過去数回ここのマンサクを見にきていますが、記憶にあるのは尾根道の登山道沿いのマンサク。これは身近で見れますが、本数はそれほどあるという程ではなかったかと記憶しています。
しかし、今日は登山道から少し離れた斜面で沢山のマンサクを見ることが出来ました。
   11sizen0319I1.jpg


   11sizen0319I2.jpg 11sizen0319I3.jpg
 


   11sizen0319I4.jpg 11sizen0319I5.jpg

目の前でマンサクが見れます。
良い画像が撮れたことでしょう。
       11sizen0319J2.jpg

デジカメ不要とルーペでマンサクを観察。
一日中ルーペのみでした。何故でしょうか?
       11sizen0319J1.jpg

こんな風に見えたかな~?
   11sizen0319K1.jpg 11sizen0319K2.jpg

斜面のマンサクに眼をじっと凝らす皆さん。
   11sizen0319L1.jpg

眼を凝らすのはこのマンサク。
今日の中で最も皆んなが素晴らしかったと感嘆の声があげたマンサクです。
   11sizen0319L2.jpg

ここの尾根道、ツクシシャクナゲの樹がいっぱいあります。
蕾がいっぱい付いていて今年は期待できそう。
       11sizen0319M.jpg


猟師岩
         11sizen0319N.jpg


       11sizen0319O.jpg

下山は井手野分岐まで往路を戻り、井手野分岐より下山。途中で椎原峠からの登山道と合流。

メタセコイヤの森林を通ってスタート地点へ戻りました。
   11sizen0319P.jpg

久しぶりに歩いて今日のルートお素晴らしさを再認識しました。
これからミツバツツジ、ツクシシャクナゲやいろんな花の季節を迎えます。
楽しみです。


駐車・スタート地点~車谷コース~矢筈峠~脊振山~矢筈峠~縦走路~唐人の舞~縦走路~椎原峠~井手野分岐~鬼ヶ鼻岩~猟師岩~井手野分岐~椎原コース~駐車・スタート地点
11sizen0319Map.jpg
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード