難所ヶ滝と雪の三郡縦走路、頭巾山  2010年12月27日





今年最後を締めくくる山として難所ヶ滝と雪の三郡縦走路を歩きました。
25日(土)に佐賀からかずさんをお迎えする予定で、悟空の笑顔さんにも呼びかけると山が苦手?なご主人との予定をわざわざずらして頂いたにもかかわらず、お天気の雪情報がイマイチ。
この季節、遠くから来て頂いて岩だけの難所ヶ滝、雪の無い三郡縦走路を歩いても意味が無いと早々と中止を決定。

その後、土曜日午後から雪が降り始め日曜日も降って福岡近郊の山は真っ白になりました。
今日は単独歩きです。
我が家から昭和の森まで行くには3つの坂を越えなければなりませんが、悟空の笑顔さんのレポ通り雪は殆んど残ってなくスリップの心配はまったくありませんでした。
・・・・ッところが昭和の森への道へと入った瞬間、道路には雪が残っていました。
幸いにもタイヤ跡を頼りに進むことができました。タイヤとタイヤの間の雪は車の底をぶつけそうな高さまで積もっていました。車高が低い車の泣き所です。
以前、後輪2輪駆動でタイヤがスリップして空廻りし(この同じ道です)、ヒヤッとした経験があるので雪が降ったら行きたいけどなかなか神経を使うところです。

きょうは天気が良く明日から一時雨の予報ですから、登山者も今日の内にと平日ながら多いのではと思っていたら意外と車が少なく、トイレがある駐車場で4台、隣りの駐車場に5台くらいでガラ空き状態でした。

動画はあまり撮ってなく当初はアップする予定ではありませんでしたが、あり合わせの画像で編集してみました。
一緒に雪の三郡縦走路を歩いたつもりで見て頂ければ幸いです。
         
      


駐車場から10時20分歩き始めました。
歩き始めた林道には新しいタイヤ跡があります。恐らくこの先の空き地に駐車して登った登山者のタイヤ跡でしょう。この林道を車で進むと片道約15分短縮できます。
暫く歩いていると上から車が下りてきました。そして自分の前で停まりウインドウを下ろして「難所ヶ滝はかなり凍っていますよ~」と教えて頂きました。先ほどのタイヤ跡はこの人の車だったのだ。
   10sizen1227A1.jpg 10sizen1227A2.jpg

今日は歩き始めから雪を踏んで歩きました。
ここ数年、この時期に来ていますがこんなに雪が積もっているのは久しぶりです。
途中で一人登山者が下りてきましたのでアイゼンを使ったか尋ねたところ必要でなかったと返ってきたので、そのままアイゼンを装着せずに進みました。
雪が新しいのと登山者が少ないということでアイゼンなしでとても楽に進めました。
   10sizen1227A3.jpg

手前の滝ですが、あまり近寄らずに登山道を歩きながら撮りましたので、あまり滝の状態が見えませんね。
   10sizen1227A4.jpg

難所ヶ滝です。
かなり氷爆状態ですね。もっと雪が降れば・・・・と思いますが、最近ではこれが精いっぱいのようです。
       10sizen1227B1.jpg

北側斜面から撮りました。
       10sizen1227B2.jpg

さて、これから北側斜面を登って尾根道へ出て縦走路を歩こうと思っています。
ふとその先を見ると北側斜面から撮った場所までは踏み跡がありましたが、その先から上は真っ白です。今日は未だ誰もその先は歩いていないということです。
一瞬この先どうしようかと思案しましたが、何回も歩いて道は判っているので進むことにしました。
進むのは良いけど踏み跡がない斜面は不気味です。何処に足を踏み入れたら良いのか迷います。
時にはズボッと膝頭くらいまで雪の中に踏み入れたり、ちょっとつまずいて手をつくと底なしみたいに手が雪の中に埋まって行きそうです。
まさにラッセル状態で進みましたが、以前同じ様な状態の雪道で(場所もここです)足が攣って動かなくなったことがありました。その時は雪が湿った状態で一歩踏み入れるとその足を前へ出す時になかなか雪中から足が抜けず、そのくり返しで疲労が溜って足が攣ってしまいましたが、今日の雪はサラサラでしたのでラッセル以外は割と楽に歩けました。

踏み跡がない雪道は夢の世界のようでした。
   10sizen1227B3.jpg


   10sizen1227B4.jpg

三郡縦走路へ出てきました。
一人の踏み跡がありましたが、登山道は真っ白でした。
三郡山の方へ進んで頭巾山分岐を過ぎた辺りに雪が降ったら撮影ポイントになるところまで進みました。
その間の雪道は素晴らしい白銀の世界です。
雪が新しいのか今思えばサクサクという音はあまり耳にしなかったような気がします。
   10sizen1227C1.jpg 10sizen1227C2.jpg


   10sizen1227C3.jpg

左下の箇所は雪の時はブナに積もった景色がとても素晴らしいポイントで、今日はここの雪景色を見るのも楽しみにしていましたが、この辺りは風が強く吹いていて、その影響で樹に積もった雪が殆んど吹き流されていました。
ちょっとだけ残念でした。
   10sizen1227D1.jpg 10sizen1227D2.jpg

ここが目指した撮影ポイントです。
ここを三郡ハイウエイだと表現したネット山友がいます。まさにそんな感じがぴったり。
   10sizen1227D3.jpg

時々青空も覗きます。
   10sizen1227E1.jpg 10sizen1227E2.jpg

大きなブナの樹にこんなりっぱな樹氷が・・・。
       10sizen1227E3.jpg

撮影ポイントから引き返し頭巾山ルートを歩いて下山することにしました。
頭巾山分岐から踏み跡が無く今日このルートを歩くのは私が最初のようです。
縦走路以上に積雪がありました。

これは頭巾山頂です。
山名を記した標識が雪で覆われていましたが、そのままにしておきました。
標識を捜そう!!・・・・(笑)
皆さん、どれだと思いますか~?
       10sizen1227F1.jpg

さて、頭巾山ルートの下山は何回かありますが雪道を下りるのは初めてです。
急斜面が多い上に普通の時でも何となく険しい登山道と迷いやすい箇所もあると感じていますが、今日はかなり積雪がある下り、時には自分の五感で進まなければなりません。
少しためらいもありましたがロープも随所にあるしと思ってこのルートで下りることにしました。

アイゼン無しで特に問題はありませんでしたが何回も滑ってしまいました。
やはりアイゼンをしていた方が下りは歩きやすいようです。
このルートの山頂付近の雪景色は素晴らしいものでした。

最後の登山口までずっと雪道歩きを楽しみました。
   10sizen1227F2.jpg


   10sizen1227F3.jpg

登山口へ出て駐車してるところまでテクテク歩いて引き返します。
2時駐車場に着いたら悟空の笑顔さんのらしき車が駐車しています。
一昨日と昨日歩いてあるので、まさか今日は無いやろうと思いましたが何だか気になります。

帰宅して夕方悟空の笑顔さんのブログを覗いたら、やっぱり今日も難所ヶ滝へ行ってたみたいです。

これで今年の山歩きもお終いかと思います。そうで無いかも・・・です。
最後はお気に入りの難所ヶ滝と雪の三郡縦走路で締めくくることが出来ました。
今年1年、いろいろと皆さんにはお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
             


約4時間弱 延べ7.96Kmの歩き
10sizen1227Map.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード