井原山(洗い谷ルート)  2010年11月28日





単独で山活動されているマッスルさんが井原山・洗い谷ルートは未だ歩いたことがないということで、以前から案内を約束していましたが、紅葉追っかけなどで案内が先送りとなり延び延びになっていました。
今日はやっとその約束を果たすことが出来ました。

天気は上々・・・だった筈ですが、福岡は前日の夜一時雨が降りました。天気予報にも夜弱い雨が降るようになっていましたので、これは想定内の事でしたが弱い雨というよりも結構降ったみたいでした。
佐賀地方は雷まで伴った激しい雨が降ったということです。
さて、当日の朝はどんより雲が出ていますが、雨の心配は無さそうでした。

朝、キトク橋横の駐車場で待ち合わせ。
参加者は 佐賀:マッスルさん、かずさん、アキさん
      福岡:風来坊さん、S・TAROU

今回は先導案内役を務めましたので動画は撮っていません。

キトク橋の駐車場から洗い谷登山口まで歩きました。
何時もは車をデポして洗い谷登山口まで車で向かうのですが、下山後にまた車で洗い谷登山口まで行くのも面倒だし、時間的にも変わらないし、全体的なルートを覚えるには歩いた方が良いかなと思って敢えて歩きを提案しました。(夏はデポした方が良い)

駐車場から瑞梅寺ダム方向へ3・4分戻り、左画像下の所から細い車道を進み集落を通り抜けます。
歩く車道周辺にも紅葉が残っていました。
   10sizen1128A1.jpg 10sizen1128A2.jpg

最近はここを歩くことがなく車で通り過ぎるだけでしたので、久しぶりに井原の集落の景色を眺めることが出来て懐かしかったです。
この景色はスケッチしてみたいところです。
洗い谷を歩き始めた頃にはこの景色を眺めながらテクテク歩いたもんです。
   10sizen1128A3.jpg

駐車場から20分洗い谷登山口到着。
これを真っすぐ直進すると雷山中腹林道を歩いて雷山へも行けます。
車の場合はこの直ぐ手前で左へ入ると直ぐ上の立派な林道に出て、そこを右折すると車が数台置ける空き地があります。

画像があまり良くありませんが白い標識のところから洗い谷ルートが始まります。
登り上がって2・3分で上の林道に出ますので、その林道を跨いだ先から本格的な洗い谷ルートです。
私が初心者の頃歩き始めた頃は林道は走って無かったので、下の登山口から登りました。
車の場合は此処からが登山口ですが標識は何もありません。
橋を渡って直ぐ左へ入山ということになります。
   10sizen1128A4.jpg 10sizen1128A5.jpg

どちらかと言うと今日は曇り空で光があまり届かない洗い谷での画像は写りが良くありません。

さぁ~洗い谷の始まりです。
空気も綺麗し何となく叫びたくなりそうな気分になりました。
          10sizen1128B3.jpg

洗い谷ルートは赤テープや標識が殆んどありません。
それだけ道迷いの可能性が大です。
今回歩いてこういうケルンが何箇所か置いてあるのに気付きました。
つい数カ月前までは見かけなかったものです。
バランス良く置いたものだとつくづく感心しましたが、一週間前に田原山の太陽石を見て来たばかりで、何となくそれを連想してユーモラスな感じでした。
何方かかがブログでその太陽石を宝石岩と書いていましたが、これぞまさに宝石岩(石)がぴったりです。
   10sizen1128B5.jpg 10sizen1128B6.jpg

洗い谷の滝沿いには大きなロープが三箇所あります。
先方に最初のロープ箇所が近まってきました。
ストックをザックにおさめます。
   10sizen1128B7.jpg

ここは三箇所あるロープの中で最も長いロープ箇所です。
雨を多く含んだ日には足もとがズルズルで滑りやすく、手袋が泥んこになるところです。
今日は最近雨が少なく昨日の雨くらいではあまり支障なく楽に登れました。

ここの傾斜は実際よりも画像では平坦に見えて難所らしく見えませんでしたので、画像の両端をカットしてみました。
今度は難所らしく高度感が感じられます。
ロープの先端が終わりでなく、もっと上側まで登ります。
          10sizen1128C1.jpg

   10sizen1128C2.jpg 10sizen1128C3.jpg

   10sizen1128C4.jpg 10sizen1128C5.jpg

もっと上まで登っているところです。
   10sizen1128C6.jpg

二番目のロープ箇所です。
滝の右側を登ります。
この滝は撮影ポイントのようで皆さんシャッターを押すのに夢中でなかなかロープに取り付きません。
上でじっと待っていました。
   10sizen1128D1.jpg

  10sizen1128D2.jpg 10sizen1128D3.jpg 10sizen1128D4.jpg 10sizen1128D5.jpg

沢沿いの道なき道を進みます。
   10sizen1128E1.jpg

高度を上げると傾斜が増してきて今までの小滝から大きな滝と変って流れの早さも増してきます。
      10sizen1128E2.jpg


三番目のロープ箇所です。
滝の右側から登ります。
ここは暗い時は右側のロープを見つけ難い場合があります。
よ~く周囲を見まわしてロープを見つけましょう。
   10sizen1128F1.jpg

   10sizen1128F2.jpg 10sizen1128F3.jpg

第三のロープ箇所を過ぎると縦走路の稜線が見えてきます。
ここも新緑の時はとても綺麗な眺めになります。
   10sizen1128G1.jpg

しかし、ここからが結構ハードです。
積もった落ち葉で足がズルズルと滑って、なかなか前に進みません。
つかまる物が何もありませんから足の踏ん張りだけが頼りです。
   10sizen1128G4.jpg

ここを登り切れば縦走路です。
最後の踏ん張りです。
   10sizen1128G5.jpg



縦走路に出て井原山を目指しましたが山頂はスッポリとガスで覆われて遠望は何も見えません。
山頂を踏んで、もしかしたら紅葉が見れるかもしれないダルメキ谷を下りました。
            10sizen1128H1.jpg



紅葉真っ盛りならばこの辺りがポイントなんですが、上の方はもう冬枯れの様相でした。
   10sizen1128H2.jpg

中腹辺りから紅葉が残っていました。
少ない紅葉を大事に大事に眺めながら下ります。
   10sizen1128H3.jpg

   10sizen1128H4.jpg

   10sizen1128H6.jpg

   10sizen1128H7.jpg

   10sizen1128H8.jpg

   10sizen1128I1.jpg

   10sizen1128I2.jpg

   10sizen1128I3.jpg
            
約5時間半の歩き無事終了しました。
延び延びになっていたマッスルさんの洗い谷ルートも無事果たすことが出来ました。
その上に僅かですが紅葉もじっくり鑑賞することも出来ました。
これで今年の紅葉追っかけ10月16日の大船山から始まって今回で10回を数えていました。
中には紅葉登山とは程遠い泥んこの根子岳もありましたが、直ぐにリベンジもできました。
ほんとに充実した秋の山を楽しむことが出来ました。

次は冬枯れの山と雪山歩きです。
同行頂いた皆さん、有難うございました。
またよろしくお願いします。


スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード