FC2ブログ

動画アーカイブス(背振山系・洗い谷~井原山~水無道) 2011年7月31日


今回の動画アーカイブスは2011年7月31日井原山・洗い谷ルートの沢沿い登山で井原山山頂へ登り、その後水無道ルートへ下りてオオキツネノカミソリの群落を鑑賞する動画です。
洗い谷ルートは沢や崖が多く上級者向けのコースでしたが2020年の遭難事故で今は登山禁止になっています。 くれぐれもご注意ください。
私もこのルートを初めて一人で歩いたのは経験者に4,5回同伴して貰ってルートを確認した後のことでした。
このルートには標識や赤テープが全くないので道迷いが最も怖かったです。途中に滝沿いを登る所で3箇所のロープ箇所がありましたが、それが唯一の道標みたいなものでした。
雨の心配がない穏やかな日であればそんなに危険は感じませんでしたが、大雨でもくればその状況は一変することは実感していました。
動画の前半の部分で沢の大きな石を跨ぐシーンがありますが、雨後その大きな石が水流の中に隠れてしまったのに遭遇したのも数回ありました。



  井原山・洗い谷(沢沿い登山)~井原山~水無道(オオキツネノカミソリ)
  2011年7月31日の動画




   これから何回も何回も渡渉の連続

   21sizen0721A.jpg




      2015年4月11日の画像 最初のロープ箇所

      21sizen0721B.jpg




   2015年4月11日の画像 沢を歩いているのか・・・道なき道を進みます。
   水量が多い時に、ここへ差し掛かるとこの後のルートがどうなっている
   のかよく不安を感じたものでした。

     21sizen0721C.jpg




        3回目のロープ箇所 2段の滝の右側を登ります

          21sizen0721D.jpg




  このロープ箇所を登れば井原山~雷山縦走路へ(洗い谷ルートの終わり)
  縦走路へ登り上ると今までの涼しい空気がムッとするような息苦しさ。
  それでも下界よりは涼しかった筈ですけど・・・・・

    21sizen0721E.jpg



井原山山頂より水無道へ下りればオオキツネノカミソリの群落
私が経験した水無道でのオオキツネノカミソリは2010年代初期辺りがピークで、その後は温暖化や自然災害等でハッと感じるような光景が観れなくなったような感じがします。


   ここはお気に入りのビューポイントでした

   21sizen0721F.jpg




   オレンジ色が山の斜面いっぱいに埋まる風景は圧巻でした

   21sizen0721G.jpg



ブログを覗くともう開き始めたみたいですね。コロナ禍でも人出は多いのかな~?
以前の見頃は7月下旬後半から8月初旬前半でしたが、最近は開きが早いですね。

   21sizen0721H.jpg
スポンサーサイト



動画アーカイブス(博多祇園山笠・集団山見せ) 2014年7月13日


今年もコロナ禍で博多祇園山笠の曳山はありません。これで2年連続の延期です。
本来ならば明日15日早朝に本番を迎えますが曳山がない博多の街はどこか物足りない気分でしょうね。
ずっと以前、15日早朝に東長寺の精道前で動画を撮りましたが、その時の動画をアップしたサイトが廃止になってしまいましたので残念ながら観れません。
今回の動画アーカイブスは2014年7月13日の集団山見せの動画です。博多地区のみで行われる曳山が7月13日一日だけ福岡地区に入ります。
(博多地区と福岡地区を結ぶ中州の橋で撮影)

     博多祇園山笠・集団山見せ 2014年7月13日の動画

   21sizen0713A.jpg

ウスキキヌガサタケ(2008年6月27日)開傘画像


   2008年6月27日ウスキキヌガサタケ開傘シーンの画像です。

   撮影開始10:01
   21sizen0710A.jpg   21sizen0710B.jpg



   21sizen0710C.jpg   21sizen0710D.jpg



   21sizen0710E.jpg   21sizen0710F.jpg



   21sizen0710G.jpg   21sizen0710H.jpg



   21sizen0710I.jpg   21sizen0710J.jpg



   21sizen0710K.jpg   21sizen0710L.jpg


                      撮影終了11:00
   21sizen0710M.jpg   21sizen0710N.jpg


動画アーカイブス(城山・ウスキキヌガサタケ) 2012年7月10日


前回に引き続き今回は2012年7月に撮った城山のウスキキヌガサタケの動画です。


   城山登山口(この画像は当日ではありません)
   梅雨時に訪れることが多く小雨の中を傘をさして何回か歩きました。

   21sizen0705A.jpg





      城山・ウスキキヌガサタケの動画 2012年7月10日


      まさに開傘開始中のウスキキヌガサタケ2本に出くわす。

      21sizen0705B.jpg



出逢った場所が登山道沿いから外れた薄暗い場所だったので、長時間待ち続けるのが辛く、中座して城山山頂、金山南岳まで歩いて引き返す頃が開傘の時間と推定し、この場を一時外れることにしました。
今考えるとここでも開傘ショウーの全てが見れるたのに勿体ないことをしたと思います。


     石峠(これからハードな傾斜を登って金山南岳へ)

     21sizen0705C.jpg







         金山南岳(ここでUターン)

         21sizen0705D.jpg






     一時間後に戻って来た時には開傘完了&群れるイシガケチョウ

      21sizen0705E.jpg






      イシガケチョウの餌食になって華やいだ一瞬の終焉です

      21sizen0705F.jpg






   その他に出逢ったウスキキヌガサタケ(2011年6月19日)

   21sizen0705G(110619).jpg






     その他に出逢ったウスキキヌガサタケ(2014年6月25日)

     21sizen0705H(140625).jpg


記憶が曖昧なんですが前回か今回の動画を観たギリシャの写真家からカメラに撮りたいので現地を案内して貰えないかとメールが入りました。
困りましたね。英語は話せないし、近隣に住む自分さえ毎年通っても出逢えるチャンスは少ないのに・・・・。断わる2,3行の英文を数時間かけてメール作成し返信しました。その後反応がなかったので自分の英文も通じたのでしょう。
この時自分がアップしたブログや動画が世界にも発信されてるんだとつくづく実感しました。

動画アーカイブス(城山・ウスキキヌガサタケ) 2008年6月27日


九州の山でミヤマキリシマやオオヤマレンゲが終わると梅雨の季節に入ります。その時によく訪れたのが城山のキノコの女王と云われるウスキキヌガサタケでした。
毎年訪れていましたがベストの状態で逢えるのがなかなか難しかったです。



      城山登山口(動画の日とは関係ありません)

      21sizen0702AA.jpg


      城山・ウスキキヌガサタケの動画 2008年6月27日



この日は運がよくて既に5個出逢えていましたが、6個めがちょうど開傘開始直後のものに出逢うことが出来ました。ここで約一時間、開傘終了までじっくり観察することが出来ました。(下でこの時のホームページをリンクしていますが、これと画像が重複します)

   開傘開始直後            約15分後

   21sizen0702BB.jpg  21sizen0702CC.jpg



   約30分後             約45分後

   21sizen0702DD.jpg  21sizen0702EE.jpg



           ジャスト1時間後開傘終了

           21sizen0702FF.jpg



      当時(↑の動画)をレポしたホームページ

ホームページを読み直して当時の事を思い出しました。
最初は5個のみに出逢ったのみで城山山頂へ着き、下山は別ルートの自然道を歩いてウスキキヌガサタケを探しましたが自然道では出逢えず、結局ぐるっと一周するような形で元の分岐へ戻ってきました。普通はそこで登山口へ下山するところでしたが、もう一度と思って分岐から山頂へ登ったところで開傘中のものに出逢えたということになります。本当にラッキーなことでした。

プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード