鈴木春信 ボストン美術館浮世絵名品展 2018年7月21日


日本列島、毎日うだるような猛暑が続く。テレビには「命の危険が伴う猛暑」とか・・・・これから何時までこの地獄のような猛暑日が続くんだろうか。
今日は久し振りに或る山のオニコナスビを観る予定で山歩きを急遽予定した。しかし台風7号に伴う猛烈な雨で近くの山でも山道の崩落による通行止めが彼方此方で発生しているのを山友さん達のブログで知った。多分、オニコナスビが咲く山でも近寄れないのではないかと今年は諦めることにした。
ところが山友さんのブログに「今年はオニコナスビがいっぱい咲いています」とオニコナスビが沢山咲く画像がアップされているのを見て、これは行けるかも知れないと急に思い立った。しかし、天気予報は相変わらず猛暑の予報で福岡地方はまだまだ暑い日が続きそう。そこに奥さんの明日は止めた方が良いという助言であっさり中止することにした。もともと暑さに弱いのと最近は山頂を踏むことが殆んど無く、しかも7月は未だ一度も山歩きをしていない・・・ッということであっさり助言を受け入れることにした。
そこで今日は福岡市博物館に鈴木春信ボストン美術館浮世絵名品展へ浮世絵鑑賞へ行ってきた。入場時に係の人から中は涼しいので体温調節に気をつけて下さいという趣旨の注意があったが、先へ進むに連れて段々肌寒くなり掌で腕をさするケースも多々あった。
鑑賞を終えて館外へ出たら館内とは逆に物凄い熱気。駐車していた車では外気温度44度を表示。走り出して暫く経ったら39度になったがほんとにそんな温度かと信じられなかった。夕方のテレビの報道を見て福岡も38.3度の暑さだった。何時までこんな暑さが続くのだろう。

          18sizen0720A.jpg
スポンサーサイト

東国から無事届いた山梨の桃 2018年7月18日


女房の知人から山梨の桃を送ったと連絡を受けていた。連絡を受けたのが西日本に甚大な被害をもたらした台風7号襲来の直前。その後、洪水や山崩れ等により交通網がズタズタになった報道にも接し無事に届くのか心配していたが、今日やっとその桃が無事届いた。

  18sizen0718A.jpg

舞鶴公園蓮の花 2018年7月11日


西日本へ甚大な被害をもたらした台風7号が福岡地方を去って今日は2日目。昨日よりうだるような暑さが戻ってきた。今日は舞鶴城濠の蓮の花を観に行ってきた。

舞鶴城の濠は主に3つの濠になっていて郵便局がある西側と平和台陸上競技場前と福岡高等裁判所前の3つになっている。蓮が生息するのは平和台陸上競技場前と福岡高等裁判所前の濠2つ。以前は西側の濠にも見られたが外来種のカメによる被害?とかで蓮の姿が消えて今は網で防護された小さな区画以外は蓮の生息は見られない。

   蓮の生息が見られない下ノ橋御門側の濠

   18sizen0711A.jpg






平和台陸上競技場前の蓮
上から見ると蓮の花が見えませんが東側(天神側)へ進むにつれて花が葉の上に浮かび上がってきます。手前側は花が葉の中に隠れている状態。これは昨年も同じ状態だった。
最初にこの風景を見たときは花が無いのは台風の影響かと思いましたが東へ進むにつれて蓮の花が出てきたので安心。しかし、花弁が少し乱れ気味だったのはやはり強い風の影響でしょう。

   18sizen0711B.jpg






   18sizen0711C.jpg






   福岡高等裁判所前の蓮の花(以下は主に裁判所前の花を撮影)

   18sizen0711D.jpg






   18sizen0711E.jpg






   18sizen0711F.jpg






   18sizen0711G.jpg






   18sizen0711H.jpg






   18sizen0711I.jpg






   18sizen0711J.jpg






   葉っぱに隠れてひっそり花開く蓮
   陸上競技場前濠の西側の蓮はほとんど葉っぱに覆われながら開いていた。

   18sizen0711K.jpg






撮り終えて大濠公園駐車場へ戻る時に中国からの(・・・と思う)観光客の集団と出逢う。大濠公園、舞鶴公園はこの蒸し暑い今の時期、日本人の姿があまり見られず殆んど中国人観光客ばかり。物凄いバイタリティを感じました。
この先清涼飲料の自動販売機がありますが、物珍しいんですかね・・・皆んなでワイワイ言いながら興味深そうに自動販売機を取り囲んでいた。お陰でこちらは喉の渇きを辛抱して別の自動販売機まで戻ることになった。

   18sizen0711L.jpg



花畑園芸公園花散策 2018年6月30日


昨日は物凄い大雨だったが今朝は幾分小康状態。しかし天気予報では午後遅くからまた大雨の予報。お昼になって空を見上げたら薄い雲が流れて暫く雨の心配は無さそうな感じ。短時間で花が撮れそうなのは舞鶴公園濠の蓮の花か園芸公園の花。結局手短に行ける花畑園芸公園へ出かけることにした。
今日は途中での急な雨に備えてカメラ1台収納のカメラパックと雨傘を携えての花散策。


時期的に今はアジサイが見頃な時期だが数日前とは違って少し盛りを過ぎた感じがした。昨日の大雨が多少影響したかも知れない。

   18sizen0630A.jpg






   撮影中にハチが珍入

   18sizen0630B.jpg






   マクロで撮れば盛りを過ぎたとは思えない・・・・

   18sizen0630C.jpg






   以下、園芸種の花

   18sizen0630D.jpg






   マツムシソウにそっくりさん

   18sizen0630E.jpg






      サルビア?

      18sizen0630F.jpg






   つい撮ってしまった

   18sizen0630G.jpg






   綺麗なキノコが目についたので

   18sizen0630H.jpg






   春には綺麗な花を咲かせていたアーモンド

   18sizen0630I.jpg






ついがぶりッと喰らいつきたくなりそうなモモ・・・良い肌合い・・・訂正・・・色合いです

   18sizen0630J.jpg






   ザクロ

   18sizen0630K.jpg






   リンゴもこれから実りの秋を迎えます

   18sizen0630L.jpg






   この黄金の水滴、アジサイにも欲しかった

   18sizen0630M.jpg


リンゴを撮り終えて園芸種が咲く売店の方へ寄ろうか思っていたところ、急に空模様が怪しくなってきた。傘を持っているけどと思ったが何となく急に雨が落ちてきそうな感じがしたのでカメラをバックにしまい込んで駐車場所へ直行。車まであと100メートル位のところで急に(全く不意を突かれるように)どしゃ降りの雨、しかも完全な斜め降りで傘もあまり役に立たないような状態。帰りが数秒遅れていたらびしょ濡れだったかもしれない。
帰ってきてテレビをつけたら各地の大雨情報が流れていた。台風も北上して来ているようでここ暫く気が抜けません。皆様もご注意ください。

手持ちカメラレンズの比較テスト 2018年6月28日


本格的な梅雨に入りお天気が悪かったり、逆に日差しが強い日は猛烈な暑さだったり。しかも野の花は今は端境期で少なく花と接する機会が少なくなってしまった。
そこでちょっとここで一休み・・・この機会に今持っているレンズがどんな写り方をするのか自分の乏しいカメラ知識で比較してみる事にした。
野草撮影の積りで購入したレンズは現在3本。キャノン製50㎜、タムロン製90㎜、タムロン製180㎜のいずれも単焦点レンズ(他に風景や花等の多目的用にシグマ製18~250㎜ズームレンズ)
カメラはキャノン製APS-Cタイプ(2420万画素、1800万画素) 2台 撮影は2420万画素を使用

28日昼前、鑑賞用2鉢を対象に室内で撮影(いずれもディスプレイに写る画像が適当になる位の距離で撮影)

キャノン製50㎜単焦点レンズ (今まで山での撮影が多かったので花撮り、風景撮りに使い勝手が悪かったのであまり使用していない)
  18sizen0629A.jpg







  18sizen0629B.jpg






タムロン製90㎜単焦点レンズ (50㎜レンズよりも数歩後方へ)
  18sizen0629C.jpg






  18sizen0629D.jpg






タムロン製180㎜単焦点レンズ (90㎜レンズから尚も数歩後方へ)
  18sizen0629E.jpg






  18sizen0629F.jpg

葉の色や鮮明さにはレンズによる違いはあまり無いようです。ただ被写体に色が付いたバラ等にすれば違いが出たかも。
それにバックが直ぐ後ろに平面的なカーテンだから周囲のボケ具合がレンズによってどう変わるか・・・大事な事が抜かっていました。やっぱり野山で撮らないとその違いは出ませんね。

現在、カメラ本体をフルサイズにするか検討中。APS-Cサイズの方が焦点距離が長いので屋外でのマクロ撮影にはその方が有利ではないかと思うのですが・・・間違っているかも。しかし、一度は手にしたいフルサイズカメラ。年金生活者には厳しい現状です(笑)
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード